進捗

今日やったこと

達成

複素関数:ノルマ達成、24問までやった、6hかかった。明日11問だけやれば良いことになる。偉いぞ自分。

・英語:4題やった。プラマイゼロ。

・電磁気:3章やっちゃったけど、7問やった。正直だれてたのでもう一回明日復習。

繰越

・力学4問サボり、ごめんなさいもう頭動きません。

その他

二週間という固まりが、あと4つしかないことを考えるとかなり焦る。使い方を考えるべき。

区切りとして、 4Q(~7/1)

3Q(7/2~15)

2Q(7/16~29)

1Q(7/30~8/12)

0Q(8/13~8/19)

本番(8/20)

という区切りをすることにした。残り15回で何をするか。

やるべきことは力学電磁気・物理数学・英語の参考書、統計量子は九大の過去問でもやるか?

あとは集中力、4h戦えますか、という話

明日やること

複素関数を終わらせる。残り11問。

・電磁気の二章と3章を終わらせる(9問ある)

・力学を8問解く

エナドリを買っておく。昼間に当たる時間(起きてから6h後くらい)がめっちゃ眠くなるので、その前にカフェイン錠を飲むなどして対応。コーヒーだけじゃ効かなかった。

・ダレ気味になると丸写し時間になる。どうにかしたいけどうまい対策が思い浮かばない。

・問題写すマンになると思考が落ちる。思考する癖を少しずつでいいからつけておく。

進捗

今日やったこと

とりあえず参考書を一通り揃えた。 複素関数を終わらせたので、明日から物理数学は演習に入る。 力学は少ししか溶けなかった。

 

参考書

やるべき参考書は

・力学(終了目標:日曜日)

・電磁気:新しく買い足した。一日10問で8日かかる。結構ヘビー…

・物理数学演習:複素関数の章とフーリエラプラス変換の章をさっさと終わらせたい。土日で終わるのは厳しいかしら。

TOEFL:一日4問解いて、復習で今までのところを読む、軽いからこそサボりがち  

中期的な目標

・過去問にざっと目を通して、傾向をざっくり確認する。

・6月中に基礎を一通りやって、苦手を洗い出して、そこを7月に徹底的にボコボコにしたい。あと2週間で何ができるか、どのようにやりくりするかを考えなきゃいけない。

・そうなると、来週中に物理数学の複素解析フーリエラプラスを終わらせて偏微分方程式をやりたい。東大の数学はどうやら線形代数偏微分方程式が一番出題確率が高そうだからだ。

以上から考えるざっくりとした日程

数学

・遅くとも来週の半ば水曜日くらいまでには偏微分方程式に入りたい。つまり4章と5章をそれぞれ2日でやらなきゃいけない。

複素解析をやりながら、ちまちま物理数学をやっていくことになるが、9日くらいでどうにかしなきゃいけない。3章まで57問あることを考えると、一日10問くらいやることになる。多くないか…?

物理

こっちは正直まったりでいい気がするけど、力学30問と電磁気80問を二週間で終わらせるなると、力学4問、電磁気8問くらいのペースになる。電磁気が想像以上にハードな気がするので心してかからないといけない。

まとめると

・物理数学の4,5章を来週水曜までに:0.5章/日→その後7〜10日で偏微分方程式(マセマでいいのでは?)を終わらせる。

・力学4問、電磁気8問/日

明日やること

*物理数学の基本問題4章の半分。できる範囲で。

*電磁気8問

*力学4問

…これだけで結構ヘビーに見えるのは僕だけだろうか。午前中もしっかり活用して終わらせていきたい。

おまけ:メンタル

スマホはとりあえず電源を切ろう。スマホを使ってたはずの時間を復習思考に使うといい感じ。

やる気が出なかったら書き写しする。

と言うかやる気は出てくるもんじゃなくて出すもの、手を動かさないとやる気は湧いてこないということが最近やっとわかってきた。 一気に大きなステップをふもうとしなくていい。

朝の習慣に、寮の前の自販機でBIGBOSSを買うことにしよう。ついでにタバコをふかしてきてもいい。

作戦会議

今いる大学院をやめて、東大物理の大学院を受験することにした。

現状の認識と、達成すべき目標、それを結ぶ線を描くための作戦を立てたい。

 

・現状

手が全く動かない。4年生の間まともに授業を受けてなかったので考える能力が完全に消えている。

スマホが手放せない。Twitterを見てしまう。完全にスマホ中毒である。一日の8割がTwitterに消える。誇張ではない。

 

・達成すべき目標

力学、電磁気学統計力学量子力学、特殊相対論、数学、実験、TOEFLを解けるようにしなければならない。この中で6割を取るには、みんなが解ける問題は絶対に落とさないようにしなければならない。

つまり、力学、電磁気、統計力学量子力学の基礎は完璧にしておかなくてはならない。

集中力をつける。脱スマホ中毒。

 

・作戦

4学を最初に固めなければいけないが、何分手が動かない。とりあえず九大の問題は4学全部あるので、2週間くらいはこれでリハビリしながら、英語の対策をしよう。一日一年分やったら

場所はどうしよう。スマホとパソコンを置いて図書館に行くとかしたほうがいいのかな。

あと誰かに協力してもらうとか。

今後二週間の目標として、九大の過去問を解く、英語と数学をやる。

午前中に一科目以上は終わらせて、残り3科目を午後にやる。多分そうすれば5時までには終わる。そのあと英語と数学をやろう。

寝る前とおきた後を英語にしたい。

数学はできるだけ薄い複素⇒フーリエラプラスをやっていきたい。

 

大事なことは、そんな簡単に人間の性根は変わらない、次の日にどうにかしようなど考えないほうがいい。

今日聞いたこと

今日ゆらぎの定理の話をしていた時にHKさんとSKさんが話してくれたことだ。この二人にはめいっぱい頼ったほうがよさそう。

 

研究は可能な限り自由にやること

この「自由に」というのは時間的にゆっくりという意味ではない、周りの環境に縛られるなってことだ。

・オリジナリティの話

意外と僕は流行に流されている、例えば他の研究室が云々、あそこはあんなことをしているから云々、ということがある。情報通になってるつもりだけど流されちゃってる。

オリジナリティがある人はそんなこと気にせず自分のやりたいことをやる。

BPさんのバクテリアの実験だってそうでしょ、僕はしょうもないと思ってるけど実はオリジナリティだ。面白さは僕が判断するんじゃない。

オリジナリティガ―って言ってるけど実は僕はすごい遠いところにいる。

知ることは大事だけど、それを道を狭めるために使っちゃいけない。インプットはインプットとして、それとは別に自分独自で面白いことを探す姿勢が大事。

⇒つまり情報のインプットのための学習と、面白い研究をさがすための勉強はある程度分けるべき。でもインプットのための学習にも可能な限り「どこがおもしろいのか」ということを探す努力をすべきだと思う。

 

・ノウハウの話

自由にやるとは言いながらも、研究をする「方法」に関しては他人からパクるもの。研究はノウハウ、そこはオリジナリティではない。

MEDさんのすごいところは着眼点で、いろいろな問題を考えることができる。

SKさんはノウハウを学びに来た。

Know how to solve every problem that has been solvedファインマン、出典不明)」、”Know all question" じゃなくて、”Know how to solve”ってとこがミソなのかな。

⇒いいと思った方法は逐一ここに書いていく。自分の反省点だけじゃなくて他人のいいところ、パクりたいことを書いていく。

 

 研究の進め方

・小さな目標をいっぱい作ろう

ゴールを見据えるのは大事だけど、何よりもまずは小規模目標を決めることだ。結果はいい、それよりも前にもっと小さいことを考えて、それを何かしらの形でアウトプットして、誰かに投げつけて議論をすること。

完璧な形になるまで…とか考えちゃいけない。僕の悪い癖だ、殴られてなんぼ。

 

・何よりも議論をすること

何より議論が大事。二日に一度は今自分がやってることを誰かに投げるのが理想だけど…

まあわからないことはガンガン先輩たちに投げていいんじゃないかな、あの人たちの方が優れてるんだから多少仕事の手を邪魔したっていいでしょ。今は4年生だし、この立場を使って頼りまくるしかない。今のうちだ。やみそうになったら、折れそうになったら話しかけよう。

 

・その他

・聞く耳を持て。他人の思考をパクるくらいの気概でいろ。Gさんみたいに聞く耳持たずになるな。

・根気も大事なんだなぁ。

・SKさんは勉強したことをTeXでまとめてる(非平衡のノートだけだけど)。これは堀田さんの言ってたことで、確かに手間はかかるけどあとで見直しやすいし、手直しが効く。これに関してはちまちまやっといた方がいいかも。

・導入は疑問を持たせることが大事。例えば相手に質問させること、これは興味を持ってもらうことだ。一番手っ取り早い。ただ風呂敷を広げすぎるとあとで痛い目を見るのでほどほどに。

・つまらないと切り捨てるより、使い古されてると切り捨てるより、そこに可能な限りの面白さを見出した方がいい。それはつまり、その著者のそれはモチベーションを知ることと多分同じ。

 

 

 

 

明日やること。

各小セクションに対する対応を明日に考える

あと明日までにスライド作って先輩たちに添削してもらおう。スライドの作り方のノウハウもたまってないし。

 

 

 

パイの分け方を考えるべきだ

善処ではなく覚悟がいる?

リスクマネジメントは彼女恋人それに相当する人間に

戒め

TOEICのスコアが書類不備により0になったので、院試プレ問題をボスに用意してもらって解いた。

正直ほぼすべてできていたと思っていたが、算数ができてなかった。

具体的には力学、電磁気、統計力学量子力学を解いた。

 

力学は、三角関数の合成ができてなかったのと、どこかで計算ミスをしているらしい。

電磁気はc=√μεと書いてしまった(逆数になってる)

統計は等比級数の公式がわからずに途中で断念した。最後の問題は物理的な直観が働けば解けた問題だった。あまりにひどい。

 

言われたこととしては

国語ができていない⇒議論がすぐにできない⇒フラストレーションがたまる

イメージで語るのは誰でもできる、など

 

自分の中で思い当たる点として、今まで演習は方針だけ立てて放置してたものが多かった。(解けたつもりでいた。)

 

具体的な対策として、とりあえず腕力を鍛えることなのかなぁと思った。

 

時々鼻を思い切りへし折ってくれる人が必要だなぁと思った。

確かに、数学という言葉を覚えていたり、ある程度の式がぱっと出てこないと、カフェとかでかっこよく議論ができないもんなぁ

今日の進捗(ない)

TeX打ち

早く終わらせたい。端的に言って地獄。 Tabキーを押すと候補が出ることを今日知った。 とりあえず明日までに大雑把なラインを完成させたい


明日

ボスの資料の校閲、あとTeX打ちをやる、明日までにやらないと大阪で優勝できない