今日聞いたこと

今日ゆらぎの定理の話をしていた時にHKさんとSKさんが話してくれたことだ。この二人にはめいっぱい頼ったほうがよさそう。

 

研究は可能な限り自由にやること

この「自由に」というのは時間的にゆっくりという意味ではない、周りの環境に縛られるなってことだ。

・オリジナリティの話

意外と僕は流行に流されている、例えば他の研究室が云々、あそこはあんなことをしているから云々、ということがある。情報通になってるつもりだけど流されちゃってる。

オリジナリティがある人はそんなこと気にせず自分のやりたいことをやる。

BPさんのバクテリアの実験だってそうでしょ、僕はしょうもないと思ってるけど実はオリジナリティだ。面白さは僕が判断するんじゃない。

オリジナリティガ―って言ってるけど実は僕はすごい遠いところにいる。

知ることは大事だけど、それを道を狭めるために使っちゃいけない。インプットはインプットとして、それとは別に自分独自で面白いことを探す姿勢が大事。

⇒つまり情報のインプットのための学習と、面白い研究をさがすための勉強はある程度分けるべき。でもインプットのための学習にも可能な限り「どこがおもしろいのか」ということを探す努力をすべきだと思う。

 

・ノウハウの話

自由にやるとは言いながらも、研究をする「方法」に関しては他人からパクるもの。研究はノウハウ、そこはオリジナリティではない。

MEDさんのすごいところは着眼点で、いろいろな問題を考えることができる。

SKさんはノウハウを学びに来た。

Know how to solve every problem that has been solvedファインマン、出典不明)」、”Know all question" じゃなくて、”Know how to solve”ってとこがミソなのかな。

⇒いいと思った方法は逐一ここに書いていく。自分の反省点だけじゃなくて他人のいいところ、パクりたいことを書いていく。

 

 研究の進め方

・小さな目標をいっぱい作ろう

ゴールを見据えるのは大事だけど、何よりもまずは小規模目標を決めることだ。結果はいい、それよりも前にもっと小さいことを考えて、それを何かしらの形でアウトプットして、誰かに投げつけて議論をすること。

完璧な形になるまで…とか考えちゃいけない。僕の悪い癖だ、殴られてなんぼ。

 

・何よりも議論をすること

何より議論が大事。二日に一度は今自分がやってることを誰かに投げるのが理想だけど…

まあわからないことはガンガン先輩たちに投げていいんじゃないかな、あの人たちの方が優れてるんだから多少仕事の手を邪魔したっていいでしょ。今は4年生だし、この立場を使って頼りまくるしかない。今のうちだ。やみそうになったら、折れそうになったら話しかけよう。

 

・その他

・聞く耳を持て。他人の思考をパクるくらいの気概でいろ。Gさんみたいに聞く耳持たずになるな。

・根気も大事なんだなぁ。

・SKさんは勉強したことをTeXでまとめてる(非平衡のノートだけだけど)。これは堀田さんの言ってたことで、確かに手間はかかるけどあとで見直しやすいし、手直しが効く。これに関してはちまちまやっといた方がいいかも。

・導入は疑問を持たせることが大事。例えば相手に質問させること、これは興味を持ってもらうことだ。一番手っ取り早い。ただ風呂敷を広げすぎるとあとで痛い目を見るのでほどほどに。

・つまらないと切り捨てるより、使い古されてると切り捨てるより、そこに可能な限りの面白さを見出した方がいい。それはつまり、その著者のそれはモチベーションを知ることと多分同じ。

 

 

 

 

明日やること。

各小セクションに対する対応を明日に考える

あと明日までにスライド作って先輩たちに添削してもらおう。スライドの作り方のノウハウもたまってないし。